セルフケア

やりがちな炭水化物ダイエットでの注意点!!

こんにちは!
大塚さくら整体院です♪

ダイエットをする人のほとんどが聞いたことがある『炭水化物抜きダイエット』
炭水化物とは糖質のことで、3大栄養素であるタンパク質・脂質に続いて糖質が入るほど体にはとても大切な栄養素です。糖質(ブドウ糖)は、脳や肺などの臓器、筋肉などを働かせるためのエネルギー源と言われています。

炭水化物の代表な食品はご飯やパン、麺類です。

これらを摂りすぎてしまうことで、体脂肪として体に蓄えられてしまいます。なので、ダイエットをしたい人がまず気にすべき点は、炭水化物に加えてお菓子やジュース、お酒や果物などの摂り方です。

しかし、ここで陥りやすいのが『低血糖スパイラル』 !!!!

私たちが食事を摂った後、消化吸収された糖質は血液を通して全身に運ばれ、この時の濃度を血糖値といいます。

この血糖値は、食べた糖質の量だけ上がるようになっており、上がった分はインスリンが正常値まで戻すようになっており、下げた分の糖質を体に蓄える働きをします。

しかし、糖質の吸収が早い食品を摂ることで瞬間的に血糖値が上がり、脳は『血糖値が上がり過ぎた!』と判断し、早急にインスリンを分泌します。

これが落とし穴。

インスリンが出過ぎてしまうことで正常以下まで血糖値が下がり、急激な低血糖状態に陥ってしまうことで、満腹なはずなのにまた何かを食べたくなってしまう状況になってしまいます。これが『低血糖スパイラル』です。

無理のない正しいダイエットで理想の身体を手に入れましょう(^^♪

関連記事